体を整える食事を摂ろう!大豆ミートとスムージー「くるみキッチン」

藤枝市青木の「くるみキッチン」
からだづくりをコンセプトにしたお店です。
管理栄養士さんが監修しているそうです!

場所は田沼街道沿いで、藤枝郵便局の目の前。
2階建ての建物の一番右端です。

駐車場は共同になっているため、
建物の前はどこに停めてもOK。
少し狭めなので、駐車が苦手な方は注意してください。
手前(国道側)の道を入ると第二駐車場もあるそうです。

「くるみキッチン」は、小さなお店です。
店内は2人掛けのテーブルが4卓程度と、
カウンターが4席ほど。

メニューはランチ、スムージー、スイーツが中心で、
全てテイクアウト可能です。

ランチは4種類。
「マッスルパワープレート」(シカ肉と大豆ミート)
「コンディショニングプレート」(メインは選択制)
「パワーベーグルサンド」(メインとベーグルは選択制)
「大豆ミートのベジドライカレー」

今回は、「コンディショニングプレート」を持ち帰りで、
メインは月替わりの、さばチキンを選びました。
大豆ミートが入っていると思ったのですが、選択ミス(汗)
持ち帰りの場合は820円でした。

スムージーは5種類ほどあり、
野菜や果物に、お好みのスーパーフードを加えてもらえます。
気になったのですが、540~650円と、
それなりのお値段なので、今回はやめておきました。
(イートインではセットにすると少しお得になります)

待っている間は、健康食の販売コーナーを見てみました。
大豆ミートや、羅漢果(らかんか)という甘味料など、
からだづくりにオススメな食品が並んでいます。
スイーツには、大豆粉羅漢果などを使用しているそうです。

今回、予約もせず持ち帰りを依頼し、
比較的すぐに用意していただけましたが、
HPやLINEから予約しておくと、スムーズなようです。

さて、持ち帰りの「コンディショニングプレート」ですが、
ごはん(玄米orもち麦)とメインの他、
サラダが中心の副菜が4種盛られています。
量はそれほど多くないのですが、
野菜が多いので、よく噛んで食べることでお腹も満たされました。
メインのさばチキンも美味しかったのですが、
副菜もそれぞれ味付けが優しくて美味しかったです♪

大豆ミートを食べてみたかったので、
また行きたいと思います。

小さな緑に癒される、こだわりのお店「Antidote(アンティドート)」

静岡市葵区伝馬町の「Antidote(アンティドート)」
2017年8月にオープンしたお店です。

伝馬町通りに面しており、
新静岡セノバからは徒歩3分ほどの場所です。

お店の入口には観葉植物
小さな店内には、サボテン、多肉植物、エアプランツなどが、
ずらりと並んでいます。
海外で買いつけたものもあるそう。

私自身はあまり詳しくないのですが、
普段見かけないような個性的な植物もたくさん並んでいます。
コレクターの方もいるのでしょう。
特に珍しい種類はすぐに売り切れてしまうそうです。

店名の「アンティドート」解毒剤という意味だそうです。
確かに、植物って眺めているだけで癒されますよね。
植物の他にも、アクセサリー珈琲豆を扱っています。
街中の大通り沿いにあるお店なので、
気軽に立ち寄りやすい所も良いですね。

植物は小さなもので1500円くらいからかな?
ただ、珍しいものは大きさに関わらず高価です。
全体的に小ぶりなものが多いので、
初心者でも気軽に始められると思います。
店主さんが気さくに話かけてくれるので、
個性的な植物について聞いてみるのも楽しいですよ♪

次回行ったら、お気に入りの子を見つけて、
連れて帰りたいと思います♪

シンガポール弾丸旅行記

シンガポール旅行に行って来ました。
夫の休みの関係で現地での滞在は2日間のみ。
往復路とも深夜便を利用した弾丸旅行でしたが、
かなり充実した内容になりました!

以下、備忘録として。
—————————————–
1日目

夫帰宅後、新幹線で羽田空港へ。
深夜便でシンガポールへ。(時差は−1時間)

2日目

早朝シンガポールに到着。地下鉄で市内へ。
キリニーコピティアムカヤトーストの朝食。
ホテルへ行き、荷物を預ける。
オーチャードのラッキーチキンライスで食事。
アラブストリートへ移動。暑くて夫バテる。カフェで休憩。
マラバーモスク観光。
リトルインディアの巨大スーパー、ムスタファセンターへ。
猫カフェを見つけて休憩。サルタンモスク観光。
ホテルへ戻りチェックイン。
チョンバルベーカリーでクロワッサンを買い、
チョンバルフードセンターで食事。
マリーナベイサンズへ。カジノで4$だけ遊ぶ。
ガーデンズバイザベイのイルミショーと、
マリーナベイサンズの噴水ショー見学。
(どちらも適当に行ったら運よくやっていた、ラッキー♪)
ホテルのバーで食事とお酒。就寝。

3日目

チョンバルフードセンターで朝食。
チャイナタウンのスリマリアマン寺院見学。
ソンファバクテーで食事。
夫バテる。ホテルで休憩。夫復活。
カトン地区へ。カラフルな可愛い建物見学。
マリンパレードラクサで食事。スーパーで買い物。
オーチャードの鼎泰豊で食事。
ホテル付近のカフェでケーキを買い、
チョンバルフードセンターで食事。
ホテルへ戻る。23時チェックアウト。

空港へ行く路線の地下鉄へ向かうも、
東西線の深夜工事のために利用不可。かなり焦る。
振替バスでダウンタウン駅付近へ輸送される。
ダウンタウン線でブギス駅へ。
空港まで向かうシャトルバスで輸送される。
無事空港到着。良かった!

4日目

深夜便で羽田へ。午前中に羽田到着。
空港で朝食を食べて、静岡へ。
—————————————–

こうやって書くと2日目の詰め込み感がすごい。
ただ、シンガポールは小さな街の中に、
いろんなエキスがギュッと凝縮されているような国。
移動も地下鉄やバスが充実していて時間がかからず、
思っていたよりかなり効率的にまわれました。

ちなみに、移動にはほとんどバスを利用しました。
路線がとても多くて難易度が高いのですが、
グーグルマップが全て案内してくれるので助かりました。
しかも日本と比べてかなり安く移動できます。
支払は友人にすすめられたEZリンクカードで。
あらかじめ現金をチャージでき、乗り降りはワンタッチで、
とても便利でした。

中国系、インド系、アラブ系、様々なリトルタウンや、
ローカル感満載のホーカー(フードコート)、
洗練されたお洒落カフェや、
ブランドが立ち並ぶきらびやかなデパートやホテル、
いろんなものが混在していて、とにかく楽しかったです♪

>>シンガポール弾丸旅行記2(思い出)