おむすびと豚汁のモーニングがリーズナブルで大好評!「天神屋 曲金店」

静岡市駿河区曲金の「天神屋 曲金店」
「天神屋」は静岡県内ではお馴染みのお惣菜店です。

スーパー内の店舗なども含め、30店舗近くあり、
おにぎり・おでん・揚げ物など各種お惣菜やお弁当が揃っています。
リーズナブルで美味しいので、私もよく利用します。
特に、おにぎりのとりめししらすがお気に入り。
冬場は、おでんもいいですよね~。

さて、皆に愛されている「天神屋」ですが、
なんと曲金店ではモーニングを始めました!

曲金店は、南幹線沿いの交差点にありアクセスも良好。
駐車場もとても多いので、満車の心配はなさそうです。
店内は、他の店舗に比べてかなり広いと思います。

モーニングは6時~11時まで、
おむすびと豚汁のセットになります。
おむすび1個280円2個だと380円
リーズナブルすぎますね!

今回は休日の8時半ごろに行きましたが、
店内は既に買い物客で賑わっていました。

モーニングの場合も、まずはレジへ。
イートインだけでなく、持ち帰りも可能です。
おむすびは6種類から選ぶことができ、
鮭・昆布・梅など定番が揃っています。
人気のたらこバターは、生たらこを使用しているので、
イートインのみだそうです。

お会計を済ませたら、
番号札をもらってイートインコーナーへ。
2名掛け6卓、カウンター8卓。
狭い空間なので、席同士が近いです。
入店時は満席で賑わっていましたが、
店員さんが食事済の方達に声をかけてくれたようで、
空きができました。

席に座ると、ほどなくしてモーニングが運ばれてきます。
おにぎりたくあん、大きなお椀に入った豚汁
急須に入ったお茶七味唐辛子も添えられてきます。

まず、おにぎりなんですが、とっても美味しい!
「できたてにぎり」というもので、
暖かいご飯に、パリパリの海苔が巻かれてきます。
今回頼んだのは、たらこバター
予想通り相性抜群の組み合わせで、幸せ♪
たらこバター2個のセットにすれば良かったなぁ。

豚汁は、大きなお椀に入っているのですが、
底が浅いお椀なので、量は普通の1杯くらいかな?
大根・人参・こんにゃく・豚肉もしっかり入ってます。
優しい味付けで朝食にはぴったり。
途中から七味を追加してさらに楽しめます。

モーニングでは激戦区の東静岡界隈ですが、
和食のモーニングはあまりないですよね。
リーズナブルなのに、こんなに美味しいなんて…
やっぱりテンジンヤすごい!

こちらのモーニング、土日は特に人気で、
11時までに品切れしてしまうこともあるそう。
6時台はちょっと早過ぎて起きれない、という方は、
8時~9時台までに行くのが良いと思います。

清水区のいちごライン沿いでマラサダが食べられます「Ainaかふぇ」

静岡市清水区蛇塚にある「Ainaかふぇ(アイナカフェ)」
いちごライン沿いにできたマラサダ専門店です。

場所は、いちごラインの静岡寄りの終わりの方。
150号につながる信号に近いところで、
以前は、ス〇亭?かラーメン屋さんがあったはず。
お店は建物が少し奥まっているのですが、
道沿いに、のぼりが幾つか出ていました。
駐車場は店前に6台あり停めやすかったです。

建物自体は居抜きだと思われ、引き戸のドアが古めかしいですが、
店内はきれいな内装になっています。
4人掛けのテーブルが3卓と、カウンターが4席の小さなお店です。

さて、マラサダというのはハワイのお菓子で、
ふんわりした揚げドーナツのようなものです。
(元々は、ポルトガルから伝わったそうですね)
静岡市内でも食べられるお店は少ないので、
マラサダ専門店というのは本当に珍しいですよね。

マラサダは全てテイクアウト可能
プレーンが160円、
タロ(タロイモ使用で紫色の生地)が180円で、
それぞれ、シュガー・シナモン・ココナッツから選びます。
プラス料金で、カスタード・チョコクリーム・キャラメルを、
マラサダの中に入れてもらうこともできます。

イートインでは、マラサダプレートという、
フルーツやクリームが添えられたデザートプレートもあります。
他にも、お食事メニューとして
ローストビーフDishと、ドライカレーがありました。

今回は、ランチタイムに立ち寄ったため、
ワンコインでリーズナブルなドライカレーを頼みました。
サラダがたっぷりで、ご飯の量も十分なワンプレート。
小さめのスープも付いてくるので、コスパが良いです♪

ドリンクは5種類。ホットかコールドが選べて、
全て350円とリーズナブルです。(食事とセットなら300円)
べにふうき柑橘のアールグレイの他、
ハワイアングリーンティーというのも面白いと思いました。
(パイナップルとココナッツのフレーバーティーだそう)

持ち帰りでお願いしたマラサダは、
その場で揚げて作ってもらえます。
家に帰って、我慢できずにすぐ食べてしまいました。
プレーンは、ふわもちの生地でやわらかく、
タロは、もっちり感のある生地です。
シュガーは甘さ控えめで、ココナッツは甘めでした。

マラサダ、すごく美味しかったので、
大勢で集まる時などに、沢山持っていきたいと思っています!

シンガポール弾丸旅行記2(思い出)

かなり濃厚な現地での2日間でしたが、
そのなかでも特に印象に残ったことを。

>>シンガポール弾丸旅行記

アラブストリートの猫カフェMEOMI CAT CAFE」
とてもきれいなお店で、
猫ちゃんが7匹ほどいて、触れあえます。
店員のお姉さんが、とにかくよくしゃべる。
猫ちゃんの特徴をいろいろ教えてくれます。
特に、ダイエット中のオレオちゃん。アレルギーがあるそうで、
普通のご飯をもらっている猫ちゃんに続いて、
「自分も~」ともらいにくるのですが、もらえなくて…
わびしい顔をしているのが可哀想だけど、なんとも愛らしかったです。

独特の食文化
日本では食べられない様々な食があるシンガポール。
事前に、シンガポール好きの友人におすすめを聞いておきました。
その中でも気に入ったものを。
・カヤトースト(キリニーコピティアム)
さっぱりとした甘さのカヤジャムに、たっぷりのバター。
ペロッと食べれてしまうのですが、カロリーがすごそうです。
・チキンライス(ラッキーチキンライス)
鶏肉がとにかくしっとり。
つけダレは、チリ・ショウガ・醤油を好みで合わせる。
タイ米との相性が良いです。
・パオ(チョンバルフードセンター)
メニューを見ても中国語でわからなかったのですが、
お店の方が「肉まん?焼売?」などと聞いてくれました。
肉まん・あんまん・焼売を食べました。
日本人好みの味で美味しかった!
・豆花(チョンバルフードセンター)
ほの甘い豆腐。女性は好きだと思います。
容器を見て大サイズを頼んだのだけれど、
多すぎたので小で良かったなぁ。
・マンゴーアイスのかき氷(チョンバルフードセンター)
これは予想通りの味。マンゴーが美味しいです。
・バクテー(ソンファバクテー)
かなり胡椒がきいたスープにスペアリブがイン。
スープはおかわり無料でどんどん注がれます。
夫曰く、ラーメンと合いそう。
・ラクサ(マリンパレードラクサ)
濃厚な海老とココナッツミルクのスープ。
短い麺が入ってます。
そのままだと海老が強いのですが、
トッピングの辛いペーストを少し入れて丁度良くなりました。
スープは飲み干してしまうほど、やみつきになる味。

マリンパレードラクサの隣の店のおじさん
ラクサを注文して待っている間、
急に「%#※&!!!」と、
びっくりするほど大きな声が聴こえてきました。
隣のお店のおじさんです。
すると、小さな女の子がお店に近寄っていって、
食べ物を受け取りました。
お店の子どもが怒られたのかな?と思っていたら、
続いて「ターティスリー!!!」
またまた、「ターティフォー!!!」
大声で、注文番号を呼び出していたようです(笑)
びくっとしてしまう声の大きさと張りなのですが、
おじさん、わざと面白がってやっているよね。
最終的に「セブンイレブーン!!!」とか言いだしました。
しかも、お客さん減って来たら止めたし。
ただの目立ちたがりでした。

バスについて
シンガポールのバスは、ものすごい種類の路線があり、
しかも安いので、使いこなせればとっても便利です!
ただし、日本と大きな違いがあるのが、運転マナー。
急発進、急ブレーキは当たり前なので、
こっちも覚悟してないとよろけます。
お年寄りも沢山乗っているんだけど…
さらに、前のバスがバス停で停滞していると、
クラクション鳴らしまくり。
でも、ひとつだけ良かったのは、
乗り遅れても追いかけると絶対停めて乗っけてくれます。
(日本だと時間重視なので置いて行かれる)

マリーナベイサンズの噴水イルミ
大きな音楽と噴水のショーは、圧巻でした!
毎夜毎夜こんなことをやっているなんて…
カジノも含め、毎日ものすごいお金が動いているんだなぁ。
日本では、こんな派手なことを毎日していたら、
贅沢すぎると批判されそう。