明太子が食べ放題のランチが魅力的、ボリューム満点「博多もつ鍋やまや」



静岡市葵区黒金町、アスティ静岡の中にある「博多もつ鍋やまや」
2017年9月にオープンしてから、大人気のお店です。

「やまや」と言えば、博多で有名な明太子の老舗。
継ぎ足し続けている「匠のたれ」で168時間熟成させるそうです。
(168時間=ちょうど一週間ですね)

そんな「やまや」ですが、
明太子の良さを生かした飲食店を多数出店しています。
その中の1つが「博多もつ鍋やまや」
全国に20店舗がありますが、静岡県内では、
静岡アスティ店が初出店となります。
場所は、以前ABCクッキングがあったゾーンで、
席数も多く用意されています。

夜はもつ鍋を中心とした居酒屋になりますが、
ランチタイムには、明太子・高菜・ご飯が食べ放題の定食を
いただくことができます。

今回は、平日のランチタイムに行ってみました。
近隣オフィスの昼休みが終わる13時近くを狙ったところ、
店内はまだ賑わっていましたが、すんなり入ることができました。
こちらのお店では、先に入口のレジで注文と会計を済ませます。
入口にはパーテーションポールが立っていました。
混雑時には行列ができるんでしょうね。

定食メニューは5種類ほどありましたが、
まずは一番人気そうな「鶏の唐揚げ明太風味定食」にしました。
定食は全て1100円です。

店内は、入って正面にカウンター2人掛けが4つ。
左手に6~8名掛けくらいの大きなテーブル席が4卓ほど。
奥には20人ほど座れそうな座敷があります。
客層は男女半々くらい。
女性一人でも意外と入りやすいです。

注文システムが上手く機能しているようで、
待ち時間はわずかで定食が運ばれてきました。

定食の内容は、唐揚げ・キャベツ・ご飯・味噌汁・ひじき煮物です。
この定食、なんと唐揚げ7個でした。
ご飯の量も多めで、全体的にかなりのボリューム。
おそらく、小食の女性には厳しいかと。
唐揚げには明太子のタレがかかっています。

定食自体のボリュームが多かったため、
食べ放題の明太子は2切れしか食べれませんでした。
でも、もちろん美味しかったですよ!
味噌汁・ひじき煮物は、さっぱり目の味付けなので、
唐揚げとバランスが取れていました。

次に行く機会があったら、今度はお魚の定食にして、
明太子をいっぱい食べようかな~と思います。
夜のもつ鍋メニューも一度行ってみたいです。

本場のイタリアンが楽しめる、前菜が秀逸!「Adorno(アドルノ)」



静岡市の街中、
葵区紺屋町にあるイタリアンの「Adorno(アドルノ)」
街中を何度か移転されているようで、名前も既に有名みたいですね。

お店の場所は、パルコの裏手、浮月楼がある所の交差点を、
駅から向かって左手に曲がり、100mくらいです。
向かいには稲森パーキングあります。
小さなお店ですが、イタリア国旗が目立っていて、
外観からでも良い雰囲気が伝わってきます。

「アドルノ」は、アドルノさんという外国人シェフのお店で、
ブラジルとイタリアで修業されたシェフの、
本格的なイタリアンが楽しめます♪

店内に入ると、目の前には大きなお肉の塊。
プロシュートです。
左手にカウンターが数席。右手にテーブル席が14席ほどあります。
高いところにテレビがあり、海外サッカーリーグを映していました。
店員さんはシェフ以外にも2名いましたが、
基本的には、シェフが自ら案内をしてくれるようです。
シェフはとってもフレンドリーな方です。

今回は休日ランチに訪問しました。
土日祝のランチはコースになっており、2000円から。
ランチにはちょっと高いなと思いましたが、期待を込めて入店。
(大正解でした!)

2000円のランチコースは、
サラダ・パン・前菜盛り合わせ・
パスタorリゾット・コーヒーor紅茶
です。
パスタとリゾットは、その日のメニューが決まっているので、
案内を見てお好きな方を選びます。
私は、リゾット(この日はアスパラのチーズリゾット)を選びました。

まず、サラダはさっぱりめのドレッシングがすごく美味しかったです。
バケットはオリーブオイルバルサミコで。
バルサミコが甘めで、気に入りました。

そして前菜、
これが食べられるなら、決してコスパも悪くありません。
内容は、自家製チーズ、カプレーゼ、帆立、
プロシュート(店内にある塊から)・
スモーク魚とサワークリームのブルスケッタ・
桜海老と野菜のフリッタータ。

どれもこれも、美味しい!!このお店のは全部美味しい。

昼からワインをいただきたくなる味でした。
もちろん、メインのリゾットも濃厚で美味しかったですよ♪

平日はもう少しリーズナブルなランチもあるみたいですが、
前菜は、お値段なりの量になりそうです。
ぜひ少し豪華めのランチにチャレンジされることをオススメします。
ディナーでワインと一緒にアルカルトを楽しむのも良さそうですね、
私も一度飲みに行ってみたいと思っています。

パティシエのセンスが光る、素敵な色彩のケーキ達「Patisserie46(ヨンロク)」



静岡市葵区鷹匠にある「パティスリー46(ヨンロク)」
2017年1月にオープンしたケーキ屋さんです。

新静岡セノバから市民文化会館方面へ繋がる通り沿いにあり、
セノバからは、歩いて1分もかかりません。
お店の前には「46」のロゴマークと自転車。
カジュアルな雰囲気です。
ケーキ屋さんて、女性好みの可愛らしい雰囲気のお店が多いですが、
こちらのお店は男性も入りやすそうだなと思います。

お店に入ると正面のショーケースには、10種類以上のケーキ達。
展示の仕方が雑貨屋さんのようですごく素敵です♪
右手には焼き菓子も。
かなりたくさんの用意があり、人気がありそうです。

個性が光るのは、ケーキの色彩です。
ナッツ、お花、ミントなどで、緑や紫などをセンスよく使っています。
クリームのデコレーションも愛嬌があって、
1つ1つのケーキが、素敵な作品に仕上がっています。
ケーキの箱を開けた時の、
「わぁ素敵!」っていう声が想像できるくらい。

今回はタルトフロマージュを購入したのですが、
厚めのタルトはクッキーのような感じで食べ応えがあり、
チーズクリームのホイップは甘さ控えめです。
とてもバランスが良くて、しつこくなくて、美味しかったです!

チョコレートの小さなタルトやザッハトルテも魅力的で、
いろいろ味見したいケーキがたくさんありました。
私自身、街中に出る機会はあまり多くないのですが、
また時間を見つけて来たいなぁと思っています。

また、店内にはイートインコーナーがあります(食べログ情報)。
ショーケースの奥にテーブルが見えましたが、
詳細はよくわかりませんでした。
レジの所にドリンクメニューがあったので、
多分利用できると思います。

夏場には、フォトジェニックなかき氷も販売しているようですね。
駅からも近いので、どなたでも利用しやすいお店だと思います。
お買い物のついでにも、寄りやすいですね♪

ふわっふわスフレ卵がインパクト大!「サロン卵と私」

静岡市葵区黒金町、JR静岡駅構内のアスティにある「サロン卵と私」
卵料理のお店です。
全国にお店があり、全部で8店舗。
関東が中心で、静岡では唯一の店舗です。

お店の事を調べてみてわかったのですが、
「サロン卵と私」は、日本レストランシステムという、
人気の飲食店を多数経営している会社がやっています。
アスティ静岡の中では、パスタ「五右衛門」とカフェ「上辻園」も、
こちらの会社が経営していました。
「星乃珈琲」もこちらの会社です!
そしてドトールコーヒーともグループ会社なんですね。

さて、アスティ静岡のちょうど中央付近にあるこちらのお店ですが、
休日は行列ができる人気店です。
特に若い女性に人気があるイメージです。
私も開店当初(3年前くらい?)に一度行ったのですが、
今回、久しぶりに平日のランチに訪問しました。

平日のランチタイムは、人気はありますが開店は早いので、
比較的すんなりと入れるようです。
やはり女性が多いですが、スーツ姿の男性もちらほらと。
一人でも入りやすい雰囲気です。
席数は25席前後でしょうか。
しっかりとしたソファー椅子で居心地が良いです。

このお店の特徴は、何といってもふわふわのスフレ卵!
メニューとしては、スフレオムライス・スフレドリアなど。
他にも、リゾットやラザニアにもスフレ卵が乗っています。

今回は、冬メニューの
「とろけるモッツァレラチーズのスフレリゾット」を注文しました。
時間に限りがあったため、時間がかかるのではと少し心配しましたが、
10分くらいで出てきました。

まずは、その見た目がインパクト大!
直径15cmほどのグラタン皿に、ふわふわスフレ卵が爆発してます。
メニューの写真よりも2割増ぐらいの爆発感。
表面は焼き色がついてサクッとしていますが、
内側はふわふわしっとりのスフレ生地です。
その下に、鶏肉・ほうれん草・ベーコン・キノコが入ったリゾット。
チーズの量もたっぷりで食べると糸を引きます。

このお店のランチは基本的に単品メニューで、1000円前後です。
サラダやミニパンケーキが乗ったワンプレートもありましたが、
ドリンクは別料金になるので、ちょっと割高かな。
でも、見た目・食感も含めて、とっても美味しいので、
たまには行きたいな~と思うお店です。

食事メニューだけでなく、ふわふわのパンケーキもあります。
星乃珈琲と同じタイプの分厚いスフレパンケーキです。
お店は11時~22時までの営業で、カフェタイムも利用できるので、
駅付近で、ちょっと時間がある時なんかにも使えそうですね。

移転後は、さらに上質な時間が過ごせます。大人の嗜み「旬味 花咲」

静岡市葵区人宿町の「旬味 花咲」
以前は、草薙駅前にひっそりとお店を構えていましたが、
2016年12月に移転しました。

草薙の「花咲」は、昼も夜も完全予約制で、
大人向けの上品な居酒屋というイメージでしたが、
現在は「旬味 花咲」として新たなスタイルで営業されています。

お店の場所は、JR静岡駅からは少し距離があります。
青葉通りの交番前を通り過ぎて、人宿町の信号を左折、
少し歩くと交差点の角にお店があります。
おでんの有名店「のだや」の近くでした。

それにしても、七間町のあたりは、
いつの間にかマンションやお洒落なお店が増えて、洗練されましたね。
JR静岡駅からは1kmくらいありますが、
この辺り、住んでみたいな~と思ってしまいます。
(高級地区なので夢のまた夢ですが)

さて、新しくなった「旬味 花咲」
現在は完全予約制ではなくなり、
アラカルト料理バーカウンターの利用もOKみたいです。
コース料理は予約が必要です。
(ランチ3000円~、ディナー5000円~)
今回は、ディナーで5000円のコースを予約して伺いました!

お店構えは、石のレンガ造りと鉄格子の扉。
高級感と重厚感があります。ちょっと緊張してしまいます。
大きなリースの掛かった扉を開けると、
まずは、カウンターが並んだ空間があります。
カウンターは2か所あり、全部で10席くらいかな?
シックな色合いで落ち着いた大人の雰囲気です。

予約の私達は、奥の個室に案内されました。
個室は2部屋あり、「鹿鳴館」「洞窟」
どちらも2~4名用かな。
(HPによると2階にも大きな個室があるみたいですね)
今回は、「洞窟」でした。
名前の通り、小さな洞穴の中のような空間。
ヨーロッパ風のインテリアで、思わず「ドラクエみたいだね~」
ちらっと見かけた隣の「鹿鳴館」も名前の通りのお部屋でした!

コースの内容です。和洋折衷の創作料理で、
前菜サラダ・魚料理・肉料理・ご飯・デザートでした。
それぞれのメニューは説明はしてもらったのですが、
創作料理なので細かい点はあまり覚えてません。

・野菜とお刺身盛り合わせ
出汁しゃぶ、つけだれ、いろいろ用意されているので、お好みで。
・ローストビーフサラダ仕立て
お肉の量が結構たくさんありました。
・手長海老ロースト、ホタテ味噌焼き
お味噌が上品な味♪
・和牛のタンシチュー
お箸でホロホロになるやわらかさ!ボリュームも満足。
・お寿司(3貫)、手長えびのあら汁
・デザート、珈琲

お魚もお肉も柔らかくて美味しかった~。
旬の素材を使った、上品なお料理ばかりです。
高級感のある雰囲気で、初めは少し緊張していましたが、
1品1品丁寧に仕上げられた美味しいお料理で、
楽しく食事ができました。

これは大人の嗜みだなぁと感じたお店です。
特別な日のランチやディナーに、特におすすめです♪