春華堂nicoe(ニコエ)で楽しむハイクオリティビュッフェ「THE COURTYARD KITCHEN(コートヤードキッチン)」

浜松市浜北区染地台に “nicoe(ニコエ)”という施設があります。
その中にある人気ビュッフェが、
THE COURTYARD KITCHEN(コートヤードキッチン)です。

nicoeは、うなぎパイで有名な春華堂が、
2014年にフラッグショップとしてオープンしました。

交通アクセスですが、浜松駅から電車とバスを乗り継ぎ、
1時間前後かかります。あまり便利な場所ではないです。
巨大な無料駐車場があるため、車でのアクセスが良いと思います。

建物の中には、5つのショップが入っており、
内部は円形の通路を巡るような形になっています。
2つの円を重ねた建築デザインが、
nicoeのロゴマークになっているそうです。

また、建物の周りはガーデンになっており、
アート作品のような大きな遊具もあります。
私が訪れた際は雨が降っていたため、散策ができずに残念でした。
また、建物内にも中庭ガーデンがあり良い雰囲気です。(屋根なし)

近代的でクリエイティブな印象のnicoeは、
各分野のクリエーターの方達によってデザインされたそうです。

建物内には、春華堂の商品が買えるショップや、
スティックパイの専門店、五穀と発酵がテーマのお店などがあり、
ほとんどが飲食店になります。
その中で、唯一のレストランがコートヤードキッチンです。
ここを目当てにnicoeに来る人も多いのではないでしょうか。

コートヤードキッチンはイタリアンビュッフェのお店です。
基本的には前日までの予約になっています。
(空いていれば当日でも可能なようですが、休日は厳しいかと)

ビュッフェはお店の中央のオープンキッチンを中心に並んでいます。
こちらの料理は、なんとミシュラン星付きシェフが監修しているそう。
品数はあまり多いとは感じませんでしたが、
1つ1つの料理のクオリティが高く、とても美味しいです。

サラダバー・パスタ系5種・おかず系7種・ピザ4種・
スープ・パン・デザート3種というラインナップで、
ハンバーグや揚げ物もあります。
オープンキッチンでは常に調理をしていて、
料理が無くなるとすぐに出来たてが補充されます。

予約時間を上手く調整しているためか、
ビュッフェコーナーはそれほど混雑していません。
料理の中で印象的だったのが、
シンプルなのに絶品なチーズリゾット
ストウブ鍋で調理された根菜
それから、看板メニューでもあるタルトケーキです。

タルトはチーズとチョコがあり、
それぞれ焼き上がり時間が決まっていますが、
どちらも食事の時間内に1度は焼き上がると思います。
焼き上がるとアナウンスが流れますが、
急いで取りに行かなくても十分な数がありそうでした。

焼きたてのチーズタルトは、中身がかなりトロトロで、
こぼれ落ちるくらいです。
チョコの方も柔らかいですが、チーズほどではなく、
私はチョコの方が好みでした。

スタッフのサービスも行き届いています。
空いたお皿はどんどん片づけてくれるので、
テーブルの上がすっきりします。
お手拭きが大きめなのも嬉しいです。

館内には親子で楽しめるプレイルームや、
乳幼児用の設備、バリアフリー環境も整っているため、
家族みんなで楽しめる施設になっています。
子供向け、家族向けがメインの施設ではありますが、
大人だけでも、もちろんデートにもおすすめです♪

北欧家具に座って、贅沢な空間で楽しむ都田キュイジーヌ「9sence dining(ナインセンスダイニング)」

浜松市北区都田町のドロフィーズキャンパス(⇒)に、
9sence dining(ナインセンスダイニング)というお店があります。

お店は宿泊施設である白のMINKA(⇒)に併設されていますが、
宿泊の有無に関わらず、ランチとディナーを楽しむことができます。

店内は、家具・照明・食器のほとんどを北欧ブランドで揃えており、
雰囲気も良く、とても贅沢な空間になっています。

ランチ、ディナーともに予約ができますが、
ランチは11:00~と13:30~の2部制になっており、
予約でかなりの席が埋まっている事が予想されます。
逆に、ディナータイムにはキャンパス内にも人が減るため、
比較的空いている様子です。

料理のコンセプトは都田キュイジーヌ
キュジーヌとは、フランス語で料理とか料理法という意味ですが、
創作料理などのニュアンスで使われるみたいですね。
都田キュイジーヌは、
「都田と西欧の食文化の融合によるスローで豊かな暮らしの提案」
という意味だそうです。

ランチタイムは、前菜・メイン(ストウブ鍋料理)・パン・
デザート・ドリンクのコースですが、
ディナータイムはアラカルトメニューになります。

私達は白のMINKAに宿泊するため、ディナーの席を事前予約しました。
席に案内されると、メニュー内容について、
スタッフの方がとても丁寧に説明をしてくれました。
シャルキュトリと呼ばれる塩漬けや燻製のお肉や、
自家製の燻製料理の種類が豊富です。
お酒と相性の良いメニューばかりです。

オーガニックワイン6種の飲み比べがあったので、
シャルキュトリ盛り合わせ、燻製盛り合わせと一緒に注文しました。
他にも、スキレット料理(アヒージョなど)や、
パスタ・リゾット・つけ麺なんかもあります。

中でも絶品だったのが、
スペシャルメニューとされている、
シェフ渾身の牛肉の煮込み”極”です。
お肉がやわらかく、煮込んだソースが本当に美味しい!
極上のビーフシチューみたいなイメージです。
1品でちょっと値は張りますが、
これは是非食べてみてもらいたいです。

デザートには、ダッチベイビーという珍しいメニューがあります。
オーブンでじっくりと焼き上げたフワフワのシュー生地に、
バニラアイスが合わさり、なんとも美味しかったです。

たくさんのメニューを食べて、大満足でした。
ちなみに、おつまみ系は比較的すぐに出てきますが、
温かく調理するメニューは1つ1つ時間がかかります。

そんな時間も気になるどころか、
このお店ならではの特別な空間で、
ゆったりと美味しい時間を過ごすことができました♪

ヤギのいるパン屋さん。愛犬家には特におすすめ「ブロートリーベン都田店」

浜松市北区都田町にある「ブロートリーベン都田店」
ヤギが2匹に、犬や猫もいる賑やかなパン屋さんです。

ブロートリーベンは市内に2店舗あって、
和光店(西区和光町)が2000年にオープン。
都田店は2013年に二号店としてオープンしたそうです。

都田店の場所は天竜浜名湖鉄道のフルーツパーク駅から、
1キロくらいの所。(フルーツパークとは線路を挟み反対側)
アクセスの不便な場所なので、車がおすすめです。
ドロフィーズキャンパス(⇒)からも近く、歩いても行けます。
目印が少ないのでナビがあった方が良いです。

私達は白のMINKA(⇒)から車で向かったのですが、
ナビに沿って田んぼの中の道を進んでいくと、
入口が石垣になっていて、ヤギ小屋のある建物があります。
駐車場はヤギ小屋の前に3台、奥の方にも何台かあります。
(他の場所にもあるようですが?詳細不明です)

9時の開店をちょっと過ぎた頃に伺うと、
2匹のヤギ達はのんびりと草を食べてました。
既に先客が数組いて、ワンちゃん連れの方も多いです。

というのも、こちらのお店にはドッグランがあって、
ワンちゃんと一緒に座れるテラス席コテージまであるんです。
愛犬家の方には本当におすすめ!
お店のワンちゃんも2匹いました。猫も1匹。

お店は可愛らしい外見で、店内にカフェスペースがあります。
店内の席数はそれほど多くありませんでしたが、
モーニングもあって、人気があるようです。
朝食は白のMINKAで済ませてしまったのですが、
ここでも食べてみたかったなぁと思いました。

パンの販売スペースは小さめですが、
かなりたくさんの種類が並んでいました!
ぱっと見ただけでも、30種類以上はあったかと思います。
HPによると100種類以上のパンがあるんだとか。

菓子パンやデニッシュ系が目立っていました。
いろいろと食べてみたかったのですが、
小旅行中でしたので、翌日の朝食用のみで我慢。
小さくふんわりした白パン?と、ゴマの入ったブレッドを選びました。

名前は忘れてしまいましたが、
白パンは砂糖や乳を使っていないと書いてあった気がします。
これが素朴ですごく美味しくて!とっても気に入りました。
朝食にぴったりでした♪

全体的に価格もリーズナブルで、
種類も豊富なので、選ぶ楽しみもあります。
とても人気のあるお店で、私達が帰る頃には混み始めてきました。
お目当てをゲットするには、早めの来店が良いかと思います。