最高のバゲット、レトロドールのお店「VIRON(ヴィロン」

仕事をしていた時、東京出張の際に通っていたお店です。
このお店の事をどこで知ったのかは、忘れてしまったのですが、
バケットが美味しくてかなりの評判という事で、
出張ついでに立ち寄ってみました。
それからこのバゲットの虜になり、何回か通っています。

お店の名前は「VIRON(ヴィロン)」
ちょっとネットで調べてみましたら、
パン屋ランキング全国一位との記事がありました。
どうりで、、、

VIRONの店舗は渋谷と丸の内の2店のみだそうです。
東京駅を利用される場合は、丸の内店へ。
丸の内店は、東京駅の隣の建物、TOKIA(トキア)の中にあります。

TOKIAに行ったことが無い方は、
東京駅の丸の内南口を出て、まっすぐ歩いて行くとありますよ。
ヴィロンはTOKIAの1階に入っていて、
道沿いにお店の入口があって、わかりやすいです。
また、店の奥にもTOKIA館内から入れる小さな入口があります。

メインの入口から入ると、左手にパンの並んだショーケース。
右手にはレストラン(ブラッスリー)があります。
このブラッスリーなんですが、外国に来たかのような雰囲気。
こんな雰囲気も東京では当たり前かもしれませんが、
私には入る勇気がなく、未開の地となっています。

ブラッスリーは一見、縦長の小さなお店に見えていたのですが、
TOKIAのホームページ情報では60席とありましたので、
お店の奥に席がたくさんあるみたいです。
ランチの平均予算は2000円とのことで、
静岡の物価からすると、ちょっと高級ですね。

さて、肝心のパン屋さんの方ですが、
何と言ってもVIRONの王道はバゲットです。
レトロドールというフランスの小麦粉を使用しています。
バゲットは3種類あって、
定番の「レトロドール」、
生地をツイストしてある「レトロドール・トルナーデ」
それから、表面に小麦粉の振られた「レトロドール・ファリネ」
他にもたくさんの種類があり、大きなパンもあって価格は高めです。

パンは全てショーケースの中に入っているので、
店員さんにどのパンをいくつ欲しいかを伝えます。
ケーキ屋さんのような注文の仕方です。
時間帯によるかもしれませんが、
私が訪れた際には、それほど混んでいる事はありませんでした。
1日に何度も焼いているようで、品切れもありません。

私が好きなのは、やっぱり定番のレトロドール。
しっかりした生地で、皮は硬め、中身はもっちり。
お願いすると、お好きなサイズにカットもしてもらえます。
2~3cmの厚さでアヒージョと合わせても良いですし、
10cm厚くらいで中央にカットを入れ、自分でサンドを作るのも良いですよ。

出張帰りの新幹線では、
袋からパンの良い匂いがして、
とっても幸せな気持ちになっちゃいます♪
東京出張や観光の際にはぜひ立ち寄ってみてください。