大阪食い倒れ旅行記

所用で大阪へ。
あまり時間はありませんでしたが、
せっかくなのでグルメを満喫してきました!
行ったのは、大阪駅・梅田周辺が多いです。
ご参考にどうぞ♪

・五條家(ごじょうや)
串揚げの人気店。
天満橋という駅から500メートルくらいの場所です。
カウンターのみ13席と小さなお店なので、
平日ですが、1か月以上前に予約しておきました。
小さいですが、小綺麗なお店で女性客が多いです。
串揚げは、ほとんどが創作メニューで、
1本120円(税抜)とリーズナブル。
ストップをかけるまで、おまかせで出てくるスタイルです。
独創的な組み合わせの串が多く、
次々と新しい味を楽しませてくれるお店でした。
お酒はワインも揃っています。

・ほななっ! 本店
五條家の近くにあり、2軒目にしました。
お好み焼き・鉄板焼のお店ですが、とても雰囲気が良いです。
ソファー席もあって、デートにもオススメできます。
メニューは種類が多くて迷ってしまいました。
シーフード盛り合わせの鉄板焼きなどを頼みましたが、
ボリュームもあって良かったです。

・サンマルクカフェ 大阪北浜店
北浜という駅のすぐそばにあります。
モーニングに利用しました。
この付近には、レトロなビルがいくつかあり、
こちらのサンマルクも古いレンガ造りのビルの1階にあります。
向かいにもまた、レトロな外観の銀行があって、
窓際カウンターからの景色も良い感じ。
店内は天井が高くて開放感がありますが、
席はわりと密集していて混雑しています。
分煙ですが、あまりきっちり分かれていないのが気になったかな。

・きじ 本店
お好み焼きの人気店という事で行ってみました。
新梅田食堂街の中にあります。
ランチタイムに訪問したので、すごい行列でした。
しばらくウロウロしてまたお店の近くを通ると、
行列がかなり減っていました!
すぐに最後尾に並び、20分位待って入りました。
階段を上がって入る店内は狭くてちょっと暑いです。
メニューは少なめです。私は人気のモダン焼きを注文。
イカ・豚が入ったオムそば?のような感じです。
グーグルマップで接客態度について酷評されていましたが、
そんなことはなく、気が利いていて良かったです。

・551蓬莱 うめだ阪急店
今回、絶対に食べたかった初551蓬莱です。
梅田の阪急百貨店、地下1階のお店に行きました。
このフロアは巨大なデパ地下グルメゾーンになっていて、
いろいろ目移りするお店ばかりでした。
平日のお昼過ぎでしたが、ほぼ並ばず買えてラッキー♪
豚まんは最低2個入りからの販売です。
すぐ食べることを伝えると、できたて熱々を用意してくれます。
近くに小さなイートインスペースがあり、
混雑していますが、なんとか席を確保。
初の551蓬莱の豚まん。玉ねぎの甘みが効いたお肉と、
もちっとした皮で美味しかったです!

・ぶぶ亭 阪急三番街店
阪急三番街の地下2階にある、たこ焼き・明石焼のお店です。
14時頃に訪問しました。
入店時はガラガラでしたが、その後、1人客が続々と来店。
大きなテーブルのカウンター席に案内されていました。
メニューはシンプルで、たこ焼き・明石焼・たこ焼きグラタンのみ。
私達は、たこ焼き・明石焼を注文しました。
できたてが提供されるので、熱々です。
どちらも、ふっくらやわらかくて、中身がトロリ。
明石焼のお出汁もすごく美味しかったです。
小腹が空いた時に立ち寄りたい感じです。

・カフェゆう 大阪梅田店
こちらは、事前に調べたお店です。
ゆう工房という陶芸教室がやっているカフェで、
なんと、ドリンクの器を自分で選ぶことができます。
お店の雰囲気も、ナチュラルで落ち着いていて素敵♪
テレビの撮影にも使われたりしています。
(瀬尾まなほさんのインタビューが、このお店でされていて、
行く前に番組を見て、絶対このお店だ!って気づきました。)
選べる器はホット・コールドが別になっていて各5種類くらい。
さらに、ホットのカフェラテを注文すると、
器に合わせた可愛いラテアートもしてくれます♪
とても可愛いオリジナルキャラクターの器もあって、
ペアで購入して帰りました。
近くにこんな素敵なお店があったら通っちゃうな~。

・猫カフェウリエル
帰りの新幹線まで少し時間があったので、
近くの猫カフェを調べて行きました。
中崎町というところにあるのですが、
この付近は、レトロな街並みの小さな路地に、
可愛いお店・お洒落なお店が点在しています。
こんな場所があるとは知らずにびっくり!
静岡だと、鷹匠に少し近い感じかな。
こちらの猫カフェも小さな路地にあります。
店内はとても清潔で、猫たちも綺麗で良い子ばかり。
大事にされているのがよくわかります。
猫カフェには珍しく、ランチも食べられます。
店内にたくさん下がっているランプも素敵でした。
今まで行った中でも、とても良い猫カフェでした♪

シンガポール弾丸旅行記2(思い出)

かなり濃厚な現地での2日間でしたが、
そのなかでも特に印象に残ったことを。

>>シンガポール弾丸旅行記

アラブストリートの猫カフェMEOMI CAT CAFE」
とてもきれいなお店で、
猫ちゃんが7匹ほどいて、触れあえます。
店員のお姉さんが、とにかくよくしゃべる。
猫ちゃんの特徴をいろいろ教えてくれます。
特に、ダイエット中のオレオちゃん。アレルギーがあるそうで、
普通のご飯をもらっている猫ちゃんに続いて、
「自分も~」ともらいにくるのですが、もらえなくて…
わびしい顔をしているのが可哀想だけど、なんとも愛らしかったです。

独特の食文化
日本では食べられない様々な食があるシンガポール。
事前に、シンガポール好きの友人におすすめを聞いておきました。
その中でも気に入ったものを。
・カヤトースト(キリニーコピティアム)
さっぱりとした甘さのカヤジャムに、たっぷりのバター。
ペロッと食べれてしまうのですが、カロリーがすごそうです。
・チキンライス(ラッキーチキンライス)
鶏肉がとにかくしっとり。
つけダレは、チリ・ショウガ・醤油を好みで合わせる。
タイ米との相性が良いです。
・パオ(チョンバルフードセンター)
メニューを見ても中国語でわからなかったのですが、
お店の方が「肉まん?焼売?」などと聞いてくれました。
肉まん・あんまん・焼売を食べました。
日本人好みの味で美味しかった!
・豆花(チョンバルフードセンター)
ほの甘い豆腐。女性は好きだと思います。
容器を見て大サイズを頼んだのだけれど、
多すぎたので小で良かったなぁ。
・マンゴーアイスのかき氷(チョンバルフードセンター)
これは予想通りの味。マンゴーが美味しいです。
・バクテー(ソンファバクテー)
かなり胡椒がきいたスープにスペアリブがイン。
スープはおかわり無料でどんどん注がれます。
夫曰く、ラーメンと合いそう。
・ラクサ(マリンパレードラクサ)
濃厚な海老とココナッツミルクのスープ。
短い麺が入ってます。
そのままだと海老が強いのですが、
トッピングの辛いペーストを少し入れて丁度良くなりました。
スープは飲み干してしまうほど、やみつきになる味。

マリンパレードラクサの隣の店のおじさん
ラクサを注文して待っている間、
急に「%#※&!!!」と、
びっくりするほど大きな声が聴こえてきました。
隣のお店のおじさんです。
すると、小さな女の子がお店に近寄っていって、
食べ物を受け取りました。
お店の子どもが怒られたのかな?と思っていたら、
続いて「ターティスリー!!!」
またまた、「ターティフォー!!!」
大声で、注文番号を呼び出していたようです(笑)
びくっとしてしまう声の大きさと張りなのですが、
おじさん、わざと面白がってやっているよね。
最終的に「セブンイレブーン!!!」とか言いだしました。
しかも、お客さん減って来たら止めたし。
ただの目立ちたがりでした。

バスについて
シンガポールのバスは、ものすごい種類の路線があり、
しかも安いので、使いこなせればとっても便利です!
ただし、日本と大きな違いがあるのが、運転マナー。
急発進、急ブレーキは当たり前なので、
こっちも覚悟してないとよろけます。
お年寄りも沢山乗っているんだけど…
さらに、前のバスがバス停で停滞していると、
クラクション鳴らしまくり。
でも、ひとつだけ良かったのは、
乗り遅れても追いかけると絶対停めて乗っけてくれます。
(日本だと時間重視なので置いて行かれる)

マリーナベイサンズの噴水イルミ
大きな音楽と噴水のショーは、圧巻でした!
毎夜毎夜こんなことをやっているなんて…
カジノも含め、毎日ものすごいお金が動いているんだなぁ。
日本では、こんな派手なことを毎日していたら、
贅沢すぎると批判されそう。

シンガポール弾丸旅行記

シンガポール旅行に行って来ました。
夫の休みの関係で現地での滞在は2日間のみ。
往復路とも深夜便を利用した弾丸旅行でしたが、
かなり充実した内容になりました!

以下、備忘録として。
—————————————–
1日目

夫帰宅後、新幹線で羽田空港へ。
深夜便でシンガポールへ。(時差は−1時間)

2日目

早朝シンガポールに到着。地下鉄で市内へ。
キリニーコピティアムカヤトーストの朝食。
ホテルへ行き、荷物を預ける。
オーチャードのラッキーチキンライスで食事。
アラブストリートへ移動。暑くて夫バテる。カフェで休憩。
マラバーモスク観光。
リトルインディアの巨大スーパー、ムスタファセンターへ。
猫カフェを見つけて休憩。サルタンモスク観光。
ホテルへ戻りチェックイン。
チョンバルベーカリーでクロワッサンを買い、
チョンバルフードセンターで食事。
マリーナベイサンズへ。カジノで4$だけ遊ぶ。
ガーデンズバイザベイのイルミショーと、
マリーナベイサンズの噴水ショー見学。
(どちらも適当に行ったら運よくやっていた、ラッキー♪)
ホテルのバーで食事とお酒。就寝。

3日目

チョンバルフードセンターで朝食。
チャイナタウンのスリマリアマン寺院見学。
ソンファバクテーで食事。
夫バテる。ホテルで休憩。夫復活。
カトン地区へ。カラフルな可愛い建物見学。
マリンパレードラクサで食事。スーパーで買い物。
オーチャードの鼎泰豊で食事。
ホテル付近のカフェでケーキを買い、
チョンバルフードセンターで食事。
ホテルへ戻る。23時チェックアウト。

空港へ行く路線の地下鉄へ向かうも、
東西線の深夜工事のために利用不可。かなり焦る。
振替バスでダウンタウン駅付近へ輸送される。
ダウンタウン線でブギス駅へ。
空港まで向かうシャトルバスで輸送される。
無事空港到着。良かった!

4日目

深夜便で羽田へ。午前中に羽田到着。
空港で朝食を食べて、静岡へ。
—————————————–

こうやって書くと2日目の詰め込み感がすごい。
ただ、シンガポールは小さな街の中に、
いろんなエキスがギュッと凝縮されているような国。
移動も地下鉄やバスが充実していて時間がかからず、
思っていたよりかなり効率的にまわれました。

ちなみに、移動にはほとんどバスを利用しました。
路線がとても多くて難易度が高いのですが、
グーグルマップが全て案内してくれるので助かりました。
しかも日本と比べてかなり安く移動できます。
支払は友人にすすめられたEZリンクカードで。
あらかじめ現金をチャージでき、乗り降りはワンタッチで、
とても便利でした。

中国系、インド系、アラブ系、様々なリトルタウンや、
ローカル感満載のホーカー(フードコート)、
洗練されたお洒落カフェや、
ブランドが立ち並ぶきらびやかなデパートやホテル、
いろんなものが混在していて、とにかく楽しかったです♪

>>シンガポール弾丸旅行記2(思い出)