一度は行きたい行列必須の甘味処。竹林の散策路が素敵です「とらや工房」

御殿場市東山にある「とらや工房」に行ってきました。
テレビで紹介されたことで人気が爆発しています。

場所は、御殿場インターチェンジのすぐ近くで、
JR御殿場駅からはタクシーで15分ほどの距離です。
無料の駐車場には案内係がいるので安心です。
メインの駐車場の他、道を挟んだ所にも駐車場があります。

常に混雑していることは、口コミで把握していました。
私達が向かったのは、休日の15時半過ぎですが、
メインの駐車場に空きがありスムーズに停められました。
ただ、枠外にもたくさんの車が駐車してあり、
少し前までかなり混雑していた様子が想像できました。

案内係のおじさんがとても親切で、
「今だと30分待ちくらいだよ、まだ売り切れはないよ。」
と教えてくれました。
最大2時間ほど待つこともあるそうです。
(席数が多いので、開店前に並べばスムーズだそうです。
ただし、開店まで待つことになりますが。)

まずは敷地の入口へ。
山門と呼ばれる茅葺き屋根の門をくぐると、
竹林に囲まれた小道が続いています。
とても清々しい、気持ちの良い道です。
少し進むと左手に喫茶の建物が見えます。

喫茶の入口から並んでいる人の列は30人程度でした。
持ち帰りも喫茶利用も、同じ列になります。
喫茶利用の場合は、店内に入る手間で、
席を確保しに行くように指示があります。

並んでいる間には、
厨房でお菓子を作っている様子を見ることができます。
列の途中にあったメニューを確認すると、
売切れのメニューもいくつかありました。
駐車場のおじさんの情報はおそらく、
人気の大福・どら焼きに対するものだったのかな?
どら焼きも、並んでいる間に白あんが売り切れとなりました。

メニューには甘味の他、軽食もあります。
季節限定のお菓子も魅力的です。

30分程度待って、やっと店内へ。
店内にもまだ列がありますが、
そこからは流れがよく見えてスムーズです。
流れ作業的に、注文・レジ・受け取りと進んでいきます。
私は、持ち帰り用に大福とどら焼き。
喫茶利用でおしるこを注文しました。

喫茶メニューにはお茶がついてきて、
店員さんが、慣れた手つきで淹れてくれます。
お茶はおかわりもできます。

喫茶スペースはとても広くて、
テーブルと椅子が大きくゆったりしています。

しばらくして、店員さんがおしるこを運んできてくれました。
おしるこは、甘くてあずきが美味しくて、
長時間、並んでいた後ということもあり、
とてもほっとしました。お茶も美味しいです。

混雑時には長居するのも気が引けるかもしれませんが、
ずっと居たくなってしまう雰囲気です。
私達が帰る17時頃には、行列は店の入り口あたりまでで、
どら焼きは既に売り切れでした。

帰りには、敷地内を散策しました。
それほど広くないので、すぐに一周できます。
すぐ隣には、東山旧岸邸があり、
有料で見学することができます。
時間が許せばそちらに足を運んでも良いと思います。

それから、案内用のパンフレットは、
通常の三つ折りのもの以外に、
猫村さんの作者、ほしよりこさんのイラストのものがあります。
とっても可愛いくて癒されるので、
見つけたら、ぜひお手に取ってみてください♪