リニューアルしたお茶ミュージアム内のレストラン、お茶づくしメニューが楽しめる「丸尾原(まるおばら)」

Pocket

島田市金谷富士見町にある「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、県の構想により2018年3月にリニューアルしたのですが、その中にあるレストラン「丸尾原(まるおばら)」についてご紹介したいと思います。

ミュージアムには10年以上前に訪れたことがあったのですが、今回リニューアルしたということで久しぶりに行ってみました。ミュージアムはとてもきれいな建物になっており、3階からは広々とした庭園や富士山を見渡せるようになっています。

レストラン「丸尾原」はミュージアムの2階部分にあり、ガラス張りの店内は明るく、景色が良いです。今回は休日の昼に訪れましたが、とても広いお店で席数も100席近くあるため、すんなりと入れました。ちなみに、営業時間は午前11時~午後14時までと短めです。

お茶のミュージアム内にあるだけあり、メニューもお茶づくし。食事には茶葉や抹茶がたくさん使われています。特に、茶姫膳は季節の食材とお茶をコラボさせたヘルシーなメニューで、海外の方なんかに喜ばれそうだなと思いました。

私が注文したのは、お茶を使ったクリームパスタです(季節限定かな?)。これがすごく美味しかった~!濃厚でほろ苦いお茶の風味と、クリームがとても合います。デザートの抹茶プリンも良かったです。それから、別料金でお茶ドリンクバーというのがあり、多種類のお茶の飲み比べができますよ。飲みすぎて、お腹がたぷたぷになりそうですけどね…。

営業時間が短いのでしょうがないですが、抹茶系のデザートメニューがあればもっと良いのになぁと思いました。1階のお土産屋さんの所では、ななやのスイーツが食べられますので、甘味はそちらでお楽しみくださいね(イートインスペースもあり)。

リニューアルしたお茶ミュージアムは、館内だけでなく、庭園の散策やお茶室の見学などもでき、思った以上に満喫できました。レストランは景色が良く開放的で気持ちが良いです。休日でもあまり混雑することがなさそうなので、意外な穴場かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です