山奥にひっそり佇む素敵な古民家。優しいランチで癒される「満緑(みりょく)カフェ」

Pocket

「満緑(みりょく)カフェ」は静岡市葵区長熊にある古民家カフェです。静岡市の山間部、玉川地区にあるお店で、静岡駅からは車で30分ほどになります。安倍街道を北上していき、梅ヶ島方面へは行かずに左折します。

お店まではナビを使用してください!お店に近付くにつれて、どんどん山道になっていって不安になるのですが…必ずありますので。目印は神社と、キャンドルショップの看板です。

こちらのお店は土日のみの営業です。混雑具合がわからなかったため、念のために予約をしました(場所柄、せっかく行って入れなかったら無駄足ですからね)。駐車場は広く、枠などは無いので自由に停める感じです。カフェ本なんかにも紹介されているようで、他県ナンバーの車もありました。

外観は、まさしく田舎のおばあちゃんの家です。入口から靴を脱いで家にあがると、様々なスタイルのテーブルが4か所ほどあり、私達はソファのある席に案内されました。山間部ということもあり、寒い日だったのでストーブが出ていました。(それでも足元など冷えやすいので、ひざかけなど持参すると良いかも)

注文したのは、長熊プレート。せっかくなので、プラス料金でドリンクとデザートも付けました。この日のメインは湯豆腐で、お惣菜3種とご飯がセットになっています(季節により内容は違うと思われます)。提供には少し時間がかかりますが、小物の販売や雑誌も置いてあるので、のんびりと過ごせます。

そしてやってきたプレートに感激。とっても豪華で、1つ1つ丁寧に作られているのを感じます。全体的に、おいしくて優しい、ほっとする味です。お惣菜の1つに満緑メンチというメンチカツがあるのですが、これがすごく美味しくて!単品でも注文できたので、持ち帰りにしてもらいました。

ドリンクやデザートのメニューも、ほっこりできるものばかり。お店(というか家ですね)の雰囲気とマッチして、満足感が抜群でした。 なかなか気軽に行けない場所にありますが、わざわざ訪れる価値がありました。

ちなみに、お店の2階ではアーユルヴェーダのサロンをやっていて、オイルで目を洗浄するメニューがあります。これが施術できるサロンはあまり聞いたことが無く、珍しいと思います。

お時間のある休日に、ぜひ少しだけ足をのばしてみてください。きっと特別な時間を過ごすことができますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です