ふわっふわの白焼きと蒲焼をダブルで味わえる極み重「活うなぎ橋本」

Pocket

静岡市清水区庄福町にある「活うなぎ橋本」
うなぎの白焼きで人気があるお店です。
お店はバーミヤンの近くなのですが、
住宅街の路地に入るため少しわかりにくいです。

こちらのお店、清水エスパルスの選手もよく訪れるそうで、
前々から気になっていました。
駐車場はお店の目の前に3台。(近隣にも3台あるようです)
今回は、平日の夜、開店時間に合わせて訪問しましたので、
予約しなくても、すんなり入れました。

店内は和風で清潔感があり、
うなぎ屋にしてはお洒落な雰囲気になっています。
カウンター5席の奥に、3~4名掛けのテーブル1つ。
さらに奥にお座敷があるようです。

今回はテーブル席に案内してもらいました。
壁にはエスパルス選手のサインが並んでいます。
しばらくすると、お座敷に年配客の団体さんが入りました。

注文したのは、やはり看板メニューの「極み重」
こちらのお店で人気の白焼きと蒲焼が両方楽しめます。
メニューには、うな重の他にも天ぷらサラダなどがあり、
宴会にも使えそうだなと思いました。

提供まではある程度時間がかかりましたが、
その間、期待が膨らみました♪
そして、ついにやってきた「極み重」
白焼きは初めて食べたのですが、すごくふわふわ!
こちらは塩でいただくようになっています。
もちろんタレの蒲焼の方も美味しくて、
交互に頬張って、あっと言う間に食べてしまいました。

また、山椒はすごく良いものを置いています。
こんなに香りが良い山椒があるんだなぁとびっくり。

うなぎって頻繁に食べるものではないですが、
たまらなく美味しいですよね。
たまに食べるっていう特別感も良いのかも。

時期によっては、かなり混むんでしょうね。
こちらのお店は、平日の夜は穴場だと思います。
また必ず行きたいお店の1つです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です