北欧のライフスタイルをもっと身近に。暮らすように自由に泊まる「白のMINKA」

Pocket

浜松市北区都田町にあるドロフィーズキャンパス(⇒
こちらには、白のMINKA(みんか)という宿泊施設があります。

北欧の暮らしを体感するというのがテーマのドロフィーズですが、
この施設の魅力は、白のMINKAに泊まることで最大限に発揮されます。

白のMINKAはドロフィーズキャンパスのはずれにあり、
雑貨店やカフェが立ち並ぶ通りからは少し離れています。
フロント・リビング・レストランがあるMINKA棟と、
ラウンジと多目的ルームを備えたAGORA棟
宿泊外の方も、レストランとラウンジは利用することができます。

駐車場はAGORA棟の脇に専用のスペースがありますが、
もちろんキャンパス内にある駐車場でも大丈夫です。

チェックインはMINKA 棟のフロントへ。
大きなテラステーブルと緑に囲まれたエントランスがとても素敵。
まずはリビングでウェルカムドリンクをいただきました。

リビングには、北欧家具がセンス良く配置され、
キャンドルと音楽、正面の窓には田舎の風景が広がり、
とても落ち着く空間になっています。
(家具には皮のタグがついているのですが、
びっくりするほど高価なものも。)

親切なスタッフの方から館内の案内を受けます。
宿泊用の部屋はMINKA棟の2階とAGORA棟に分かれており、
私達はAGORA棟の部屋でした。
部屋は全て異なるつくりになっています。

部屋には、築120年の古民家に使っていた丸太梁を用い、
ワラ入り土壁でシンプルで素朴な雰囲気になっています。
ロフト階段は宮大工によるものだそうです。
インテリアは北欧名作チェアやアート作品などで、
クリエイティブな空間でもあります。

決して広い部屋ではありませんが、
天井が高く、シンプルで居心地のよい空間です。
(ドアが小さいのと、荷物置き場が少ないのは、やや不便でした。)

アメニティも十分に揃っていて、
バスや女性用のアメニティはオーガニックのものです。
クレンジングや化粧水も、たっぷり使わせていただきました♪
ちなみにお風呂はシャワールームのみで湯舟なしです。
希望すれば個室サウナ(ロウリュウ)が利用できます。

そして、ここに泊まったら絶対におすすめしたいのが、
共有のスペースでのんびりと過ごすこと。
MINKA棟ではリビングと2階のテラス、
AGORA棟ではラウンジを、宿泊者はいつでも自由に利用できます。

私達の宿泊時は、ラウンジに他の宿泊者がいなかったので、
自分の家のようにのんびりと過ごすことができました。
キャンドルとアロマと音楽、北欧家具に座り、
贅沢な癒しの空間でした。

夕食は、MINKA棟にあるレストラン「9sense dining」へ(⇒
宿泊料金に夕食は含まれないので、別の場所でも良いのですが、
近くにお店も少ないですし、お酒を飲むならやっぱりこちらへ。
他には、夕食用のお弁当も予約できるので、
ラウンジやテラスなど好きな場所で食事ができます。

朝食はMINKA棟のリビングでビュッフェがいただけます。
パン・サラダ・フルーツ・ヨーグルト・ドリンク程度で、
種類は少なめですが、美味しくて満足できました。

チェックアウトが11時までと遅めなので、
朝からキャンパス内をお散歩するのも気持ちが良いです。
(早すぎるとお店が開いていませんが。)

とにかく、クリエイティブで素敵な白のMINKA
ぜひ宿泊して、ドロフィーズの魅力を存分に味わってみてください。
残念ながら15歳以下のお子様は宿泊できないので、
女子旅やカップル・夫婦旅にオススメ。
また、シングルルームも多いので一人旅にもオススメです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です