シンガポール弾丸旅行記2(思い出)

Pocket

かなり濃厚な現地での2日間でしたが、
そのなかでも特に印象に残ったことを。

>>シンガポール弾丸旅行記

アラブストリートの猫カフェMEOMI CAT CAFE」
とてもきれいなお店で、
猫ちゃんが7匹ほどいて、触れあえます。
店員のお姉さんが、とにかくよくしゃべる。
猫ちゃんの特徴をいろいろ教えてくれます。
特に、ダイエット中のオレオちゃん。アレルギーがあるそうで、
普通のご飯をもらっている猫ちゃんに続いて、
「自分も~」ともらいにくるのですが、もらえなくて…
わびしい顔をしているのが可哀想だけど、なんとも愛らしかったです。

独特の食文化
日本では食べられない様々な食があるシンガポール。
事前に、シンガポール好きの友人におすすめを聞いておきました。
その中でも気に入ったものを。
・カヤトースト(キリニーコピティアム)
さっぱりとした甘さのカヤジャムに、たっぷりのバター。
ペロッと食べれてしまうのですが、カロリーがすごそうです。
・チキンライス(ラッキーチキンライス)
鶏肉がとにかくしっとり。
つけダレは、チリ・ショウガ・醤油を好みで合わせる。
タイ米との相性が良いです。
・パオ(チョンバルフードセンター)
メニューを見ても中国語でわからなかったのですが、
お店の方が「肉まん?焼売?」などと聞いてくれました。
肉まん・あんまん・焼売を食べました。
日本人好みの味で美味しかった!
・豆花(チョンバルフードセンター)
ほの甘い豆腐。女性は好きだと思います。
容器を見て大サイズを頼んだのだけれど、
多すぎたので小で良かったなぁ。
・マンゴーアイスのかき氷(チョンバルフードセンター)
これは予想通りの味。マンゴーが美味しいです。
・バクテー(ソンファバクテー)
かなり胡椒がきいたスープにスペアリブがイン。
スープはおかわり無料でどんどん注がれます。
夫曰く、ラーメンと合いそう。
・ラクサ(マリンパレードラクサ)
濃厚な海老とココナッツミルクのスープ。
短い麺が入ってます。
そのままだと海老が強いのですが、
トッピングの辛いペーストを少し入れて丁度良くなりました。
スープは飲み干してしまうほど、やみつきになる味。

マリンパレードラクサの隣の店のおじさん
ラクサを注文して待っている間、
急に「%#※&!!!」と、
びっくりするほど大きな声が聴こえてきました。
隣のお店のおじさんです。
すると、小さな女の子がお店に近寄っていって、
食べ物を受け取りました。
お店の子どもが怒られたのかな?と思っていたら、
続いて「ターティスリー!!!」
またまた、「ターティフォー!!!」
大声で、注文番号を呼び出していたようです(笑)
びくっとしてしまう声の大きさと張りなのですが、
おじさん、わざと面白がってやっているよね。
最終的に「セブンイレブーン!!!」とか言いだしました。
しかも、お客さん減って来たら止めたし。
ただの目立ちたがりでした。

バスについて
シンガポールのバスは、ものすごい種類の路線があり、
しかも安いので、使いこなせればとっても便利です!
ただし、日本と大きな違いがあるのが、運転マナー。
急発進、急ブレーキは当たり前なので、
こっちも覚悟してないとよろけます。
お年寄りも沢山乗っているんだけど…
さらに、前のバスがバス停で停滞していると、
クラクション鳴らしまくり。
でも、ひとつだけ良かったのは、
乗り遅れても追いかけると絶対停めて乗っけてくれます。
(日本だと時間重視なので置いて行かれる)

マリーナベイサンズの噴水イルミ
大きな音楽と噴水のショーは、圧巻でした!
毎夜毎夜こんなことをやっているなんて…
カジノも含め、毎日ものすごいお金が動いているんだなぁ。
日本では、こんな派手なことを毎日していたら、
贅沢すぎると批判されそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です